御本殿

                  国宝「住吉造(すみよしづくり)」本殿

 

現在ある本殿は全て1810年(文化7年)に造られました。第一本宮から第四本宮にいたる4棟の御本殿は「住吉造」と称し、神社建築史上最古の様式の一つといわれる。いずれも国宝建造物に指定されています。

(昭和28年11月14日 指定)

 

第一本宮

ご祭神
第一本宮:

底筒男命

 (そこつつのおのみこと)

第二本宮:

中筒男命

(なかつつのおのみこと)

第三本宮:

表筒男命 

 (うわつつのおのみこと)

第四本宮:

神功皇后  (じんぐうこうごう)
(息長足姫命おきながたらしひめのみこと))

 
      

本殿の金扉

 


特徴

 

構造 「住吉造」
色彩 丹と白と黒を中心に彩られています。黄金の金具により、さらに鮮やかな色彩美を作り出しています。
方角 本殿はすべて西(大阪湾)向きです。第一から第三本宮までは直列、第四本宮と第三本宮は並列に配置され、全国的にもたいへん珍しい建築配置です。

「住吉造」とは
屋根 檜皮葺 (ひわだぶき) でできており、直線的な屋根で切妻造りです。棟の両側に流れる2つの斜面は、書物を開いたようにも見えます。
出入り口 妻入りと呼ばれており、屋根の両端 (つま) が正面に向いているのが特徴です。
内部 前後2室に分かれています。回廊がないのも特徴の一つです。
色彩 柱は朱(丹)塗り、板壁は白色の胡粉 (ごふん) 塗りです。
補足 妻入り⇔平入り(屋根の端と直角に位置し、大棟に平行な出入り口のこと)

上空からみた本宮


檜皮葺の屋根

檜皮葺の屋根


本宮側面より

本宮側面より

 

 

このページの先頭へ