>
住吉大社のあらまし

住吉大社のあらまし

新春は「すみよっさん」から
初詣といえば「すみよっさん」と大阪の人は口をそろえて言います。大晦日の夜から、どこからとなもく人が集まりだし、門前は人々でいっぱいになります。0時ちょうどになり太鼓が打ち鳴らされると、1年の幸を祈願する人でごったがえします。三が日の参拝客数は、毎年200万人を超え、大阪の人に今でも愛され続けています。

伝統と格式あるお祭り
御田植神事や夏越祓神事などは、昔からの儀式を継承し続けておりますし、住吉ならではの初辰まいりなどは、とても有名なため、大阪だけでなく全国各地から人々が訪れます。
 

 

 

 

 
 

 

このページの先頭へ